バイアグラ 年齢 何歳

バイアグラは何歳から服用することができるか。
また、バイアグラは何歳まで使う事ができるのか。
バイアグラに耐えることができる年齢は何歳までか?

バイアグラが服用できる年齢

バイアグラは、年齢制限がなく、早い人では、20歳~24歳でも利用しています。初めてのバイアグラのピークは35歳から39歳です。思ったより若くてビックリです。ちなみに私は40歳を過ぎてから初めて利用しました。

バイアグラを利用するのが30歳、30代が多い理由

バイアグラを30歳、31歳など若い頃から利用する方が多い理由として、成長ホルモンの分泌の低下があります。成長ホルモンの分泌は、成長期には名前の通り、身長などの成長を促すホルモンなのですが、実は30代以降もとても重要なホルモンなのです。30代以降の成長ホルモンは、身長こそ伸ばさないのですが、古い細胞から新しい細胞に生まれ変わる、新陳代謝に大きく影響します。新陳代謝の乱れが、EDをはじめとして加齢による老化につながります。 30代でバイアグラをはじめる人は、既に成長ホルモンの分泌が減っているため、EDだけではなく、他の生活習慣病の併発の確率が高く、注意が必要です。バイアグラの効果は一時的なもので、高血圧、高脂血症など他の生活習慣病との合併症が懸念される場合は、ED治療薬全般の使用はおすすめできません。食事や精力剤でしっかりと栄養補給をすることで、体質改善をした方が、EDも治りますし、生活習慣病の予防にもつながります。 成長ホルモンの分泌には、体内のアミノ酸、アルギニンが必要不可欠なのですが、成長ホルモンを十分に促す分のアルギニンの生成は、食事を気を付けているだけではなかなか難しいので、30代以降も若々しく生活したい場合は、サプリメントで補うのが正解です。

バイアグラでは成長ホルモンの分泌を促せない

バイアグラは、厳密に言うと勃起をさせる、勃起を促す薬ではなく、勃起状態を保つ薬です。この作用はレビトラ、シアリスなどの別のED治療薬も同じです。人間の細胞内では、ペニスが勃起した後、勃起を終わらせるためのPDE5という酵素が働き、勃起の状態から通常状態へ戻します。バイアグラなどのED治療薬はこのPDE5という酵素の働きを一時的に阻害することにより、勃起状態を保っている仕組みです。つまり、バイアグラを利用して、体調が良くなる、若返ることはなく、勃起を維持するのではなく、勃起をする力を付けたい場合は、精力剤をおすすめします。

バイアグラの年齢制限、高齢者のバイアグラ利用は大丈夫か

結論から言いますと、バイアグラに年齢制限はなく高齢者でもバイアグラの利用は問題ありません。ただ、高齢になってくにつれて、バイアグラを使用できない環境になりやすいです。バイアグラは狭心症を患ってニトログリセリンなどの硝酸塩薬を服用している場合、利用を控える必要があります。性行為後に心停止に至るという報告もあります。60歳から80歳くらいの男性で狭心症、肥満、心臓に病気がある、高血圧な人は服用を控えるべきでしょう。バイアグラには年齢制限はありませんが、医師の診断の元、処方される薬です。ネット通販や、個人輸入代行でバイアグラを入手する方法もありますが、医師の処方した薬ではないため、万が一身体に悪影響が起きても全て自己責任となります。初めて使う際や、久しぶりに使う際は必ず医師の診断を受けるようにしましょう。安物買いの銭失いで終わらず、安物買いの命失いになりかねません。
60代~80代になれば、バイアグラによって心臓に負担がかかりすぎることも考えられるので、ジアゼパムを同時に服用すると動悸や心臓病のリスクは減ります。心臓病の薬を飲んでいる場合の併用は、絶対的禁忌薬として指定されていますのでバイアグラの服用はできません。

高齢の方の方がバイアグラの効き目が長持ち!?

高齢の方にバイアグラの効き目、副作用が長いというお話があります。それは事実です。 加齢とともに代謝の衰えがあります。肝臓で分解される時間も増えてきます。完全に分解されないで何度も肝臓に戻されるということになれば、血中濃度が下がりにくいので、バイアグラの効果が長時間続くことになります。効果が長続きするというのは副作用も長続きしやすくなるので、注意が必要です。

バイアグラは18歳、19歳、未成年でも使用可能!?

基本的に未成年は服用しない方がいいという程度で、既婚者は服用しても構わないという妙な制限があります。実際はバイアグラに年齢制限はありません。医師の処方が必要なので、クリニック、病院のお医者さんの判断になると思います。未成年の場合は既婚者が望ましいというのは、器質的にも障害がないのに10代の男が興味本位に服用してはいけないという意味でしょう。

バイアグラを50代で始める際の注意点

バイアグラを50代で始める際の注意点はバイアグラの効き方、副作用です。 50代でのバイアグラは体力的に問題ないのですが、瘦せ型の方と、メタボ気味、太っている方でかなり違います。

痩せ型の方は50mgよりも25mgから始めることをおすすめします。 想像以上に初めてのバイアグラの副作用は焦ります。同時に風邪のように頭痛や、めまいがしたり、鼻が詰まったり、視界がぼやけたりします。確かにペニスもビンビンになるのですが、副作用にかなり集中力を奪われてしまい、純粋にセックスを楽しめない場合があります。

バイアグラの副作用は個人差があるので、どのような特徴の副作用があるか分かりません。 ですので、まず初めてバイアグラを利用する場合は、25mgから様子を見ることをおすすめします。 50mgのバイアグラしか入手できなかった場合、ピルカッターで半分に切るなどもおすすめです。

メタボ気味、太っている方が初めてバイアグラを使用する際の注意点は、痩せ型の方よりも多いです。 メタボ気味、太っている方の注意点はバイアグラを使用する前の食事です。バイアグラは実は食後に飲むより、食前、空きっ腹で飲む方が効果的です。もちろん、食後に飲んでも問題ないのですが、脂っこい食べ物を食べると、食べ物の消化がバイアグラの吸収を妨げてしまい、大幅に効果を感じるのが遅くなったり、場合によっては効果を感じないまま終わったりします。 ですので、まず第一に注意したいのが、バイアグラ使用前の食事です。

次に注意したい点は、体力です。 ペニスは確かにビンビンになるのですが、バイアグラは体力をアップしてくれる薬ではありません。 特に若いころ痩せていた場合、ペニスが元気になってついついその当時の感覚でセックスをしてしまうと、体力が非常に落ちている+バイアグラの副作用で心拍数が非常に高くなり、射精前に体力が果ててしまう恐れがあります。 バイアグラでついつい気が大きくなってしまいますが、スロースタートでゆっくりとバイアグラの効果、副作用に慣れていきましょう。

バイアグラを60代で始める際の注意点

バイアグラを60代で始める方の注意点は、50代の方とほとんど変わりません。 年齢での注意点というより、痩せ型か、メタボ型かという体系や、生活習慣に依存するのでその点に注意しましょう。運動不足の方はバイアグラでペニスが元気になっても腰を振る体力が減ってしまい、ペニスよりも先に体力が力尽きるなんていうことも良くあります。セックスの体力をつけるには、下半身強化が大切で、一番お手軽なのはスクワットです。一日5回でも10回でも続けることでセックスの体力が付いてくるでしょう。 60歳を過ぎて、特に初めてバイアグラを使用する際は必ずクリニック等で処方されたバイアグラを利用しましょう。くれぐれも個人輸入、通販などで購入したり、ジェネリック医薬品を利用するのは避けるべきです。 ジェネリック医薬品は確かに色々な種類もあり、価格も安いので魅力的なのですが、バイアグラの本当の効果、副作用が分かった上で利用しないと、身体の異変に気付かず、非常に危険です。 安全な副作用なのか、本来のバイアグラに無い悪影響が身体に及ぼしているのか、きちんと判断する為にも初めてのバイアグラは病院、クリニックできちんと処方してもらいましょう。 バイアグラを副作用、危険性については、 バイアグラとは?副作用と危険性。服用、使用のメリット、デメリットを併せてご覧ください。

↓バイアグラ歴10数年、精力剤で完治↓

↑ PAGE TOP