バイアグラ 購入 入手

ファイザー社が発売したバイアグラの購入、入手方法
市販、通販、ネットでバイアグラの買い方
バイアグラの入手、購入方法についてのまとめ

バイアグラの購入方法・入手方法

バイアグラの入手方法について
バイアグラを日本国内での購入は、ドラッグストア、薬局では出来ません。日本では、泌尿器科、循環器科、内科など、色々な診療科が扱っています。 バイアグラは保険適用外で、処方が簡単なメンズクリニックで購入するのが一般的となっています。バイアグラをはじめとする、レビトラ、シアリスなどのED治療薬も同じように処方箋が必要となります。
元々狭心症の薬として開発されていたバイアグラは、心臓病の患者が飲むと死に至ることがあるなど、その他副作用も強いため、医師の診断が必要となっています。

日本で購入できるED治療薬は3種類だけ

日本で購入可能なED治療薬の成分名はシルデナフィル・バルデナフィル・タダラフィルの3種類です。商品名はバイアグラ・レビトラ・シアリスだけです。カマグラなどはバイアグラのジェネリック医薬品でシルデナフィルが含まれています。医療機関でバイアグラを処方してもらった場合は50mg1錠が1500円前後です。25mgでも1000円以上すすため、50mgをピルカッターなどカットして使う方もいますが、あまりお勧めできません。 クリニックでは、1錠から処方、購入させてくれるので、気軽に入手することができます。その都度処方が必要なので薬以外の代金がかかるのがネックではあります。 バイアグラは他に100mgの錠剤がありますが、日本では100mgの処方はされていません。

バイアグラ・ジェネリックの購入、入手方法

バイアグラ・ジェネリックも販売開始されていますが、本物バイアグラの購入方法と同じで、医師の処方以外で購入方法はありません。薬局やドン・キホーテで売っている物は、ED治療薬ではなく、精力剤です。 ED治療薬は、薬局やドラッグストアなどで購入は出来ませんが、法の穴をくぐり抜けて個人輸入という形を取れば入手することが可能です。 個人輸入で入手したものを知人にあげたり、インターネットで販売すると犯罪で捕まりますので、くれぐれも気をつけて下さい。 バイアグラのジェネック商品は、最近までカマグラやゼネグラ、デグラなどの海外製のものしかありませんでしたが、日本でも特許が切れ、日本製のバイアグラのジェネリックも購入することができるようになりました。そのため、病院、クリニックでの処方で日本製のジェネリックを入手することが出来るようになりました。安全かつ、少しでも安いバイアグラジェネリックを利用したい場合は、病院、クリニックでの日本製のバイアグラジェネリックをご利用下さい。

有名、代表的な日本製のジェネリックバイアグラ

有名な日本製のジェネリックバイアグラは、トーワ薬品のシルデナフィル OD錠 VI「トーワ」、キッセイ薬品のシルデナフィル錠 VI「キッセイ」。トーワ薬品のジェネリックは50mg、キッセイ薬品のジェネリックは25mg、50mgがあります。※日本製バイアグラジェネリックを通販で購入できるサイトは個人輸入でもないため、闇サイト、偽物の可能性が非常に高いです。

バイアグラ・ジェネリックをネットで購入するのは何故グレー?

日本の法律では、バイアグラや、バイアグラのジェネリック医薬品をインターネットで購入することを許可しておりません。そもそも医師の処方が必要な薬なので当然と言えば当然なのですが。 実際はバイアグラや、バイアグラのジェネリック医薬品を取り扱うサイトは後を絶ちません。見た目は一般的な通販サイトと同じですが、実際は海外からの個人輸入サイトとなっています。特商法のページを見ればわかりますが(特商法のページが無いサイトもある)日系企業が運営しているわけではなく、サイト管理者も日本人は誰一人居ません。 ED治療薬の個人輸入は大変危険です。偽物を掴まされたり、有害物質により後遺症を負ってしまった場合も全て自己責任。実際日本国内で、個人輸入した医薬品を服用して死亡したケースも多くニュースでも報道されています。 そういった場合でも、個人輸入は法律上も自己責任なので、販売店に対して訴えることも難しく、泣き寝入りの覚悟が必要です。

一度も使ったことのない薬を個人輸入しない

バイアグラのジェネリックをはじめ、他の医薬品の通販をしているサイトも実は個人輸入サイトです。医師の処方が必要な医薬品は一般的な通販では買えないのです。
個人輸入は自己責任ですが、どうしても必要な場合でも、一度も使用したことのない医薬品を個人輸入することは決してしないでください。本物を知らない中国人が描いたミッキーマウスやドラえもんをご存じですか?彼らは本物を見たことがないから、どんなに似てなくても本物と言い張ります。本物でないサイトほど本物ですと言っているのです!

どんなに個人輸入が魅力的に感じても値段は多少張りますが、初めてのバイアグラはきちんと医療機関から購入することをおすすめします。管理人も一番初めにバイアグラのジェネリックをネットで箱買いしてしまい、1回使って異常に気づき、残りすべてを捨てた経験があります。安いものを探す為に結構お金を使い、結局は純正のバイアグラを愛用した経験のある私の行動は正に、安物買いの銭失いです。

↓バイアグラをネットで買った失敗談↓

バイアグラジェネリックは確かに安いけど、安くない。

バイアグラジェネリックの価格の相場は半額程度に下がればいい方でしょう。それ以上安くなっている商品はまず偽物、品質の悪いものでしょう。バイアグラには、ジェネリック医薬品と謳う粗悪品が非常に多く出回っています。ジェネリック医薬品のメリットは価格が安いことなのですが、海外製品のジェネリックを輸入する場合、安さと品質のバランスが非常に難しいのです。安さがメリットでも安過ぎると品質が悪い。箱買いして失敗すると、結果的に損をしてしまいます。送料の関係でまとめ買いなどすると、被害額はさらに増えるでしょう。バイアグラジェネリックは確かに安いのですが、良いサイト、自分の体に合うジェネリックに出会うまでは決して安くありません。おとなしく正規品を購入している方が結果的に経済的なんてことも大いにあるでしょう。 もともと心臓病のために作られた薬ですので、作用はペニスだけに集中するものではなく、身体全体の血管へ影響します。きちんと医師の診断を受けて購入するのが無難です。特に一度も本物を使わずに偽物を使用するのは大変危険な行為です。 たとえペニスが勃ったとしても本物を知らないで購入、使用を続けるのは大変危険です。バイアグラジェネリックは確かに安いけど、健康被害のリスクも考えると決して安くないです。 あらゆるジェネリック医薬品に言えることですが、用量が一緒でも溶解するスピードが違い効果が出ないなんてケースもあります。何十年も使われているジェネリック医薬品ならまだしも、バイアグラは歴史が浅く、思わぬ薬害に見舞われることがあります。初めてのバイアグラは個人輸入などの通販で購入するのではなく、メンズクリニックでの処方をおすすめします。メンズクリニックは保険適用外ですが、メリットもあります。診断の履歴が保険証などの残らないことです!こそこそインターネットで購入しなくても会社にも奥さんにもバレる心配はないのです。 メンズクリニックには女性の患者さんは居ないのでめんどくさがらずに一度足を運ぶことをおすすめします。どうしても行きたくない場合は、ED治療薬ではなく、しっかりと精力剤で根本からの治療をおすすめします。

薬局、ドラッグストアでバイアグラは買える?

バイアグラは医師の診断が必要な医薬品です。ドラッグストア、薬局、ドン・キホーテなどでは購入できません。市販で購入できるのは精力剤になります。バイアグラをはじめとするED治療薬成分、シルデナフィル・バルデナフィル・タダラフィルが入った薬は一切購入できません。 精力剤はバイアグラと違い、飲んだら何時間後勃起!という即効性はありませんが、バイアグラよりもメリットはたくさんあります。きちんとEDと向き合うのであれば精力剤が絶対おすすめです。

ED治療にきちんと向き合える納得の記事

バイアグラを通販で購入する方法、入手する方法

バイアグラは本来通販で購入することはできません。法をかいくぐって個人輸入という方法で他国のサイトからネット通販するような形で入手することができます。 バイアグラを通販で購入、個人輸入で購入することは偽物を掴まされる可能性も高く、あまりおすすめできません。 また、まれにバイアグラをまとめて個人輸入した方がネット上で販売している場合がありますが、それは完全な違法です。ネット注文は購入者情報も履歴として残るのでくれぐれも犯罪に加担するのはやめましょう。私自身、バイアグラ、ジェネリックを個人輸入で購入したことはあるのですが、送料やお得感に負けて、箱買いしたあと、偽物だった場合、経済的ダメージも結構大きく、結果的に正規品を使っている方が得だったかもしれないほどです。男性独特の探求心ですので、止めはしませんが、覚悟は必要です。

なぜバイアグラを購入しないといけないかを再度確認する

バイアグラを入手、購入する理由は何かを再度確認しましょう。本当にバイアグラが必要なケースはEDの中でもまれで、EDは、バイアグラの必要がなく、精力剤できちんと回復する例がほとんどです。 中折れ、ペニスが元気が無いという理由が大半だと思います。ですが、本来ペニスは70歳、80歳を超えても勃起するように人間の身体は出来ています。 ペニスが勃たなくなるというのは、様々な生活習慣病の初期症状とも言える症状なので、1度健康面を見直すきっかけ、チャンスでもあります。 そこでバイアグラを利用してペニスが勃ったと喜んでいても、バイアグラは決して体調を回復させる薬ではないので、生活習慣病は進行していきます。 私は、十数年バイアグラを利用していたため、生活習慣病が悪化し、 バイアグラを飲んでペニスは勃つのに射精がうまく出来ないという状態に陥りました。身体が悲鳴を上げていたのに薬に頼って勃起していた結果、体調は悪くなる一方でした。 バイアグラを使用しなくても精力剤を飲んだり、生活習慣を見直す事でペニスきちんと勃起するようになります。バイアグラは虫歯のときの痛み止めのような効果で、根本の治療になるものではありません。勃起できないほど体内の環境が悪化しているのに、一時的に勃起状態を維持できるようにしてくれているのがバイアグラなのです。最後の頼みの綱的存在ではありますが、いつでも頼っていいような存在でもないのです。
下記のぺージなども併せて読むことでバイアグラが本当に必要かどうかを判断してみるのも良いでしょう。

バイアグラの必要性と危険性を再確認できる記事

バイアグラを入手、購入している8割の人は実はバイアグラが必要ない

バイアグラを入手、購入している8割の人は実はバイアグラを飲用する必要がないと言われています。仲良くなったクリニックの先生が言っていたのですが、一番儲かるのがED治療薬なのだそうです。 メンズクリニックでは仮性包茎を大々的に行っているところも多いですが、患者のリピート率が低く、一番粗利が取れているのはED治療薬だそうです。メンズクリニックは、儲けるために延々と売り続けます。バイアグラでは、絶対にEDは治らないので、患者さんはいつまでもバイアグラを求めにやってくるのです! バイアグラは痛み止めと同じく、症状を抑える薬で、治す薬ではありません。虫歯が痛いときに痛み止め薬を飲むと痛みは止まりますが、治ったわけではないですよね? 歯医者に行って毎回痛み止め、鎮痛剤をもらって帰るだけの患者さんがいたらおかしいなと思う人が多いのに、EDではそれが当たり前のようになってしまっています。
もちろん、バイアグラが必要な患者さんもいます。生活習慣や、老化が原因の器質性EDではなく、トラウマなど精神的な原因の心因性EDです。 心因性EDの方は、体調自体は問題ないのに、精神的な原因でいざという時に勃たなくなってしまった人です。心因性のEDにはバイアグラは自信も回復し、とても効果的です。 生活習慣や、老化が原因の器質性EDの方は、一度日々の生活を見直すことで薬の力を借りなくてもきちんと勃起できますし、その方が何十倍も健康的です。

バイアグラを購入しないでEDを治す方法

EDを治すには、EDがなぜ起きてしまっているかの原因を突き止めることが大事です。 その原因の多くが、加齢による老化。代謝の低下、成長ホルモンの分泌の低下が原因です。この代謝の低下と成長ホルモンの分泌の低下は1セットと考えて大丈夫です。原因は体内のアルギニン不足。 アルギニンを効率よく体内に取り入れることで、代謝をUP、成長ホルモンの分泌を促すことが出来ればEDを改善することができると言えます。ドラッグストアやドン・キホーテでマカ!マムシ!すっぽん!ドリンクなど派手派手で売っている精力剤もこのアルギニンが含まれています。

バイアグラを購入しないで代謝をUPさせる

簡単に代謝を上げる方法としては、適度な運動をしたり、毎日の食事の栄養をバランスを考え直すことです。 30代、40代になると不足しがちなものはビタミンB群、アミノ酸類です。中年太りを気にしてついついカロリーに目が行きがちですが、カロリーは、脂質、糖分がメインで、不足しがちなたんぱく質(分解してアミノ酸)や、ビタミン、ミネラルをしっかり取った食事をしないと健康は保てないのです。 ビタミンB群、アミノ酸を毎日食事で多く取り入れることで確実に代謝は良くなります。身体を作る元となりますので毎日続けることが大切です。精力剤の良いところはバイアグラと違い、毎日続けることで健康な身体づくりを手助けしてくれるところです。 毎日の食事で補うのは非常に難しいので、精力剤、精力サプリメントで補うのが良いでしょう。 代謝って何ぞや?と気になる方は、性力を強くする方法 効果的な精力・代謝UP術をお読みください。

代謝、バイアグラの仕組みについてわかる記事

バイアグラを購入しないで成長ホルモンの分泌を促す

成長ホルモンは30代を過ぎると分泌がガクっと減ります。成長ホルモンは成長期に必要なものという認識が多いかもしれませんが、成長期を過ぎた後も必須なホルモンなのです。 人間の細胞は常に生まれ変わっています。髪の毛、爪、肌、という外部だけでなく、内臓の細胞も入れ替わっているのです。ペニスの海線体や血管、血液そのものも古いものと新しいものを入れ替え続けているのです。 その入れ替えが上手くいっていない時にEDも起こりやすくなります。成長ホルモンを促すには、アルギニン、シトルリンなどのアミノ酸を食事やサプリメントで補う必要があります。 成長ホルモンって何?成長ホルモンとは?という方は成長ホルモンについて詳しく調べてみましょう。

バイアグラに頼らず、根本からEDを改善するなら

バイアグラ歴10数年だから言えるバイアグラを購入しない方がよい理由

管理人はバイアグラ歴10数年。バイアグラの他にも、レビトラ、シアリスはもちろんのこと、シルデナフィル、バルデナフィル、タダラフィルを含むあらゆるジェネリックED治療薬を購入、利用してきました。 バイアグラは若い頃、ちょっと体調の悪いときに出会うと、夢のような薬です。本調子じゃなくても本調子以上のパワーが出る。まるでアスリートのドーピング剤のようなセックスパワーを手にした気分になれます。 バイアグラで勃起したペニスは面白いほど勝手に勃起していて、自分の性欲、精力とは関係なく勃起しっぱなしになります。サイト上では何度か歯医者を例に書いているのですが、歯が痛いときの鎮痛剤のような効き目でもあるし、虫歯を治療中の麻酔のようなつねっても感覚が無いと同じような、自分の意志に反した、本来の自分の身体では起こらない、感じない状態を引き起こす薬だということです。 ぶっちゃけて言ってしまえばチンコの悩みですし、周りにもなかなか相談できません。知人友人の元気そうな性生活の話を聞くと、自分も何とかしたいなと思ってしまうのも分かります。現に私はそれが理由で数十年バイアグラを使っているのですから当然です。ですが、バイアグラの効果は一時的なもので、麻酔のようなもの。麻酔が効いてる間に治療をしているから虫歯が治るわけで、虫歯が痛い度に麻酔を打って痛さを凌いでいたらアホの極みだと思いますよね? でも何故かED=バイアグラという抜群の知名度のせいでアホの極み理論が成り立ってしまっているのです。もちろん、本当にバイアグラを必要としている方もいます。ですが、ほとんどの方はバイアグラが必要ないのです。 しっかりと精力を回復させることで、ペニスは元気になります。バイアグラに頼っていた50代よりも、60代の今の方がペニスも元気ですし、精力剤の効果か、新陳代謝、体力も上がり、より力強いセックスが出来るようになりました。もちろん、感度も、射精のコントロールも抜群です。バイアグラを購入する前に、一度精力剤の力を試してみることを心からおすすめします!

↓バイアグラ歴10数年、精力剤で完治↓

↑ PAGE TOP