彼氏 夫 旦那ED

辛い!彼氏、夫、旦那がEDかもしれない…
泣く、別れる前に出来ること、言葉のかけ方。
ED彼氏、夫、旦那との付き合い方、向き合い方!

彼氏、夫がEDで辛い!EDは男のせい?女のせい?

彼氏、夫がED?三ヶ月、半年、一年以上のセックスレス。原因は男性のEDかもしれません。彼女、女性からしたらこの先どうなるのか、ずっとなのか気になるところ、辛いですよね。 セックス中にEDになり、攻めるつもりはなく、「気にしないで」と声をかけていても彼の気持ちが分からないのが辛い。本音でぶつかれず、「女性としての魅力が無くなったの?」「私に飽きてしまったの?」「他の女となら勃つの?」「浮気してるの?」など、心配はどんどん大きくなる一方で、解決にたどり着けません。

EDは男性のせい?女性のせい?

EDは、男性、女性どちらのせいと通り一遍には言えませんが、原因は男性にあると言えば男性にあります。 10代、20代前半の男性と比べてしまうと完全に男性にあると言えます。10代、20代前半の男性は、動物でいう発情期であり、その頃性欲がピークを迎えます。言葉は悪いですが、あなたの魅力以上に性欲が勝ってしまっている時期でもあります。そのような彼氏、男性の時期を知っていると明らかに性欲が落ちているのがわかるはずです。それは、あなたの魅力が無くなったという訳ではなく、男性側の性欲が圧倒的に落ちてしまっているのです。

浮気してるの?彼氏、夫がEDだったらどうする?

EDの原因が、あなたの魅力が無くなったという理由はほとんどありません。昔のあのセックスへの欲求はなんだったの?他の女と浮気してるの?という気持ちが芽生えてしまう女性側の気持ちもわかりますが、男性側の純粋な性欲のダウンだということをこの機に知っておきましょう。

男性ホルモンのピークと女性ホルモンのピーク

グラフを見てわかる通り、男性ホルモンの分泌は、10代後半から急激に上がり、何と20代前半にはピークを迎え、減衰していきます。一方、女性ホルモンは20代から40代までピークが長いのです。
男性ホルモン、テストステロンは男性らしさを司るホルモンで、セックスへの欲求、性欲もこのテストステロンの量により変化します。サプリメントや筋トレでテストステロンの分泌量は増やすことは出来ますが、20代を過ぎて、運動をあまりしないデスクワークの仕事をしている人は、30代で20代の半分になってしまう方も多いです。

性欲だけでなく、男性機能の低下もする30代

性欲がない、セックスへの欲求が減ったとしても、愛があればセックスくらい出来るでしょ?という女性の意見も分かります。ですが、30代の男性は、性欲、セックスへの欲求とは別の軸でもピークアウトしていきます。男性機能の低下です。男性機能の低下というのは、純粋にペニスが勃起しなくなることです。この男性機能の低下は加齢による老化です。これは男性ホルモンではなく、成長ホルモンの分泌が関係しています。

男性の成長ホルモンの分泌のピーク

グラフを見てわかる通り、成長ホルモンの分泌は30代で約半分にまで減ってしまいます。成長ホルモンの分泌が悪くなると新陳代謝が乱れ、老化が始まります。女性はお肌のケアなどでおなじみのターンオーバーですが、肌だけでなく、体内の臓器、血液、骨もターンオーバーを繰り返しているのです。このターンオーバーの乱れが血流の悪化につながり、ペニスへ血液が送られず、勃起が出来なくなる、セックス中に勃起を持続できなくなり中折れをしてしまうのです。

男性は、20代中盤で性欲が減衰しはじめ、30代に男性機能が低下する

男性のセックスレス、EDは以上のことからダブルパンチで始まっていることが分かります。 20代前半で性欲はピークに達し、20代中盤から下降、減衰していき、30代になるころには成長ホルモンの分泌が減り、男性機能の低下、つまりペニスが勃起しづらくなるのです。若い頃はあんなに元気だったのに…!というガッカリには、男性ホルモンの低下と成長ホルモンの低下のダブルパンチで起きてしまっていたのです。

彼氏、夫がEDかも!?彼の気持ちは?言葉のかけ方、付き合い方。

彼氏、夫がEDかもと気づくのは女性の方が先に気づくことが大半です。理由としては男性は、本能のままにセックスを誘い、男性ホルモンの分泌により性欲が上がり、セックスを求めていたので、意識的にセックスを求めていませんでした。一方女性の方はその性欲を受けとめていたので、「あれ?最近減ったな?」と感じるのです。その減った理由は女性云々というより、男性自身の問題にあります。女性が「あれ?彼氏、夫がEDかも!?」と思った時も、男性は「うーん、今日は調子が悪いなぁ」としか思ってなかったりします。

男性がED気味なのに気づいていないときの言葉のかけ方、付き合い方

男性は自分がEDだと最初は気づいていません。「最近調子が悪いなぁ」「仕事が忙しかったからなぁ」くらいにしか思っていません。女性のように美容に興味ない男性は、基礎代謝、新陳代謝、ターンオーバーなどの言葉とは無縁です。健康診断での数値で、高血圧気味だなぁ、脂肪肝気味だなぁと言っていても自分がEDに片足を突っ込んでることすら気づかないのです。 そんな彼氏、夫がED気味に気づいていないときは、むやみやたらに言葉にするのではなく、同棲していたら朝、夜に一緒にサプリメントを飲むなど、健康維持を毎日の習慣にしていくことがED回復への第一歩になります。

彼氏、夫がEDになった!彼女、妻、女性、パートナーができること。

彼氏、夫がEDになってしまった…彼女、妻として出来ることは、

・彼、夫を責めない
・女性自身も責めない
・食生活を見直す、サプリメントを始める

この3つです。まず彼、夫を責めないことです。実際は、あまり彼、夫を責める人は居ません。どちらかと言うと女性自身が自信を無くしたり、自分を責めてしまい、その嘆きを彼にぶつけてしまうパターンが多いです。くれぐれも女性が自分のせいにして自暴自棄にはならないでください。そうなってしまうと、パートナーに対して悪いと思う事が男性のEDに精神面から拍車をかけます。男性は心から「君のせいじゃないよ」と言っても、女性の「じゃあ、どうして!?」と言う言葉に返答できないのです。男性機能の低下は、痛風や、糖尿病よりも先に起こります。勃起しなくなる、中折れするというのは男性が一番最初に老化を感じる部分なのです。老化が始まったばかりの男性に「何でよ!?」と問いたてても自分の身体の初めての異変の対応など分かっていないのです。 彼氏、夫がEDになってしまったらまず、彼、夫を責めない、絶対にあなた自身を責めないことです。2人とも責めてはいけません。自然の摂理です。

EDになったら食生活を見直す、サプリメントを始めよう!

EDになったら運動や睡眠よりも、食生活を見直すことが一番です。とは言っても毎日精力の付くものばかり食べるわけにはいきませんので、手軽にサプリメントから始めることです。男性のEDの原因は2つ。男性ホルモンの減衰による性欲低下、成長ホルモンの減衰による男性機能の低下です。愛があれば性欲が低下してもセックスは出来ますが、男性機能が低下してしまうと、愛あってもセックスが出来なくなります。まずは、成長ホルモンの分泌を促すアルギニンを多く含んだサプリメントを選びましょう!

彼氏、夫がEDだったら分かれる?結婚できる?

彼氏、夫がEDだったら分かれた方が良い?結婚できるのか心配という気持ち、すごく分かります。晩婚化すればするほど彼氏、旦那候補がEDという悩みは増加する一方です。

結婚する前に彼氏がEDだと気づいたら

結婚する前に彼氏がEDだと気づいたら。結婚する前にEDが改善出来るか試みましょう。バイアグラなどのED治療薬は、無理矢理勃起を起こすものでEDを改善させたり、性欲を増やす機能はありません。ですので、やはりアルギニンの多く含むサプリメントを毎日飲むことで成長ホルモンの分泌を促すことがおすすめです。マカのサプリなどは男性も女性も利用できるサプリメントですので、毎朝、寝る前に一緒に飲むのがおすすめです!成長ホルモンの分泌は女性にとっても若返り効果、美肌効果、美白効果があり、一石二鳥です。
一点だけ注意が必要なのは、精力剤、サプリメントを選ぶときにテストフェンという男性ホルモンの分泌を促す成分が入ったサプリを選んでしまうと女性が一緒に飲むことはできません。マカやクラチャイダムにアルギニンやシトルリンなどアミノ酸が足されているようなサプリは成長ホルモンを促すサプリなので女性にもプラスしかありません!

彼氏、夫のEDの克服。ED改善、自然回復への道。

毎朝、寝る前に精力サプリメントを始めると、20代から40代であれば、大体2週間、3週間で効果が出てきます。(50代以降では2ヵ月くらいかかってしまいます)彼のせいでもない、あなたのせいでもない、成長ホルモンの分泌の低下が原因なので、お互いがしっかりと理解することで喧嘩にもなりません。毎日の習慣になってしまえばEDは改善、自然に回復していきます。EDの克服は実は難しくないのです。くれぐれもバイアグラ、シアリス、レビトラなどのED治療薬には頼らないでください。バイアグラ、シアリス、レビトラなどのED治療薬は男性ホルモンを増加させることもなければ、成長ホルモンを増加させるわけでもありません。麻酔のように一時的に、勃起が収まるための機能を止めて、勃起を継続させる薬です。EDの根本に全く効かないので、EDは悪化していくだけです。EDは原因に対してしっかり対処すれば簡単に克服できます。

EDの旦那との夫婦関係が心配、夫婦生活が気になる

EDの旦那との夫婦関係が心配、夫婦関係が気になる方も、決して「自分に魅力がなくなった」「私が悪いの?」と責めたてないでください。男性機能の低下は、男性に来る最初の老化現象。毎日元気に仕事に行って、昔と何も変わらない生活を送っていてもペニスにはガタが来ているのです。いつまでもお互い若々しくいよう!と精力サプリメントを勧めてあげてください。大人の身体はアルギニンの生成自体も減っているので、成長ホルモンの分泌は減る一方です。アルギニンの効果は絶大で、ペニスが元気になるだけではなく、身体全体が元気になるで、だるい、やる気が出ないなどの倦怠気味な夫にやる気を注入してくれます。朝から元気に仕事に行ってくれるようにもなる精力剤は、いつまでも仲よく夫婦生活を過ごすために必須なサプリメントなのです。女性が理解を深めることでより良い夫婦生活が送ることができます。 ここぞという時に精力剤を飲むのではく、健康維持のための精力剤を始めることで、小作り、不妊の悩みでの喧嘩もしなくなるので、良いことだらけです。

↓バイアグラ歴10数年、精力剤で完治↓

↑ PAGE TOP