バイアグラ 偽物

ファイザー社が発売したバイアグラには偽物が多く出回っています。
中国産やシンガポールなどアジアを経由した個人輸入は安心?
バイアグラの偽物とジェネリックの偽物などの見分け方について

巷に出回るバイアグラのジェネリック商品について

バイアグラのメーカーであるファイザー製薬の発表によるとインターネット上で販売されているED治療薬の55.4%が偽物ということでした。 バイアグラの偽物は非常に多く出回っており、見た目では判断できないスーパーコピーも出回っているため、大変危険です。 バイアグラは世界で愛されているED治療薬なので、世界中に偽物があります。バイアグラのメーカーであるファイザー製薬もパッケージ等で対応を重ねているのですが、 やはりファイザー製薬の商品を医師の処方で購入するのは高く、偽物は後を絶ちません。

偽物バイアグラの種類

バイアグラの偽物にはランクがあります。 超粗悪品ランク、粗悪品ランク、スーパーコピーランクです。

超粗悪品 ランクC -成分すら入ってないパチモン-

超粗悪品ランクは、主にアジアで出回っている偽バイアグラです。 錠剤自体の見た目はあまり変わらず、パッケージも意外としっかり作られています。 バイアグラは、各国でそもそもパッケージの仕様が違い、パッケージのリニューアルのタイミングもまちまちなのでパッケージだけで見分けが付かないのです。 日本の個人輸入用に作られていて、現地の人は顔も見ないため罪悪感はありません。 超粗悪品のバイアグラの特徴は、ピルカッターなどで割った際に青いものがあります。本物のバイアグラは青でコーティングされていて中身が白なので、中身も青のままであったら100%偽物です。 (白であっても必ず本物というわけではない) この超粗悪品のバイアグラは、バイアグラの成分であるシルデナフィルが入っていない、何でもない錠剤の場合もあります。シルデナフィルが入っていないだけではなく、謎の物質が入っているので後遺症を負ったり、死亡したケースも確認されています。 成分は、全く謎です。衛生的でもありません。成分未知の錠剤を飲むのは自殺行為です。

粗悪品 ランクB -成分が入っている厄介なパチモン-

厄介な偽物バイアグラには、有効成分シルデナフィルが入っているものがあります。シルデナフィルの生成は国によっては特許が切れており、比較的簡単に生成できてしまいます。 粗悪品のバイアグラと言っても、バイアグラのB品という訳ではなく、シルデナフィルは一応入っているが、含有量がまばらだったり、他の成分も加わっていたり、インチキ商品です。テキトーに作られているので、シルデナフィルが多く入り過ぎていた場合、最悪死に至ります。作業工程もひどく、製薬工場とは思えないような環境で作れている商品がほとんどです。 ただ、本物のバイアグラを使用したことがないと、一応勃起したりするため、こんなもんか。と思う場合もあります。ですが、他の成分が入っていたり、衛生面もしっかりしているとは言えないため、思わぬ後遺症、思わぬ障害を追う可能性があります。そうなってしまっても個人輸入の場合は泣き寝入りです。命と引き換えに安いバイアグラを買ってしまっては元も子もありません。サイト運営場所と、発送場所が違う個人輸入は、販売者が商品を確認しないまま送ってきます。ネット通販でバイアグラを買うのであれば、日本で生産された精力剤を購入することをおすすめします。


実際摘発された偽バイアグラ工場。飲んだら危険そのものです

スーパーコピーのバイアグラ

スーパーコピーのバイアグラは、ジェネリック医薬品を作っている製薬会社が違法にコッソリ作成しているバイアグラです。流通経路を何重にも誤魔化し、市場に出回ってしまうので、かなりの確率で掴みやすい商品でもあります。 実際バイアグラのジェネリック医薬品も多数出ており、色々な場所でシルデナフィルを含んだ錠剤は作られています。バイアグラジェネリックも人気商品ですが、やはりバイアグラ本家のブランド力には敵いません。 そこでいファイザー製薬以外の製薬会社、製薬工場が違法にバイアグラの偽物を作っているケースがあります。これはシルデナフィルを含んでいますが、バイアグラではなく、完全な偽物です。

シルデナフィルが入っているから安心かというとそういう訳ではありません。薬というのは、成分量が合っていれば作れる分けではないのです。全てのジェネリックに言えることなのですが、 ジェネリック医薬品は有効成分こそ同じですが、添加材や形などは同じではありません。添加剤による副作用や、溶け具合により、体内で吸収するタイミング、効果が出るタイミングがズレたりしてしまいます。 バイアグラの成分シルデナフィルは胃を通り、小腸で吸収されるのですが、本物のバイアグラの場合、85%は胃を通過して小腸へ向かいますが、添加剤が違うと胃で消化されてしまい小腸で吸収されない場合があります。 また、小腸の中でも十二指腸、空腸、回腸それぞれで吸収されることが実験により分かっているのですが、偽物の添加剤だと、この3つの臓器を通り越してしまうこともあります。もちろん吸収される場所、タイミングで副作用も起こり方も変わってきますので、とても危険です。薬というのは便利なものですが、危険だということを改めて理解しましょう。 同じ成分ですが、同じ作り方ではないため、きちんと吸収されたいところで吸収されないのです。そして、もちろん偽物を作っているので検品などもせず、ある意味一番危険な状態で市場に出回ってしまうのです。

本物のバイアグラですら副作用がある事を忘れずに

バイアグラは、胃で吸収されるか、小腸で吸収されるかで作用が大きく変わってしまいます。本物のバイアグラはシルデナフィルの用量が正確なだけでなく、シルデナフィルの溶け出すタイミング、溶解スピードも最適化されています。 本来吸収されるべき場所で吸収されれないことで効果を感じられなかったり、思わぬ副作用が生じてしまう場合もあります。 バイアグラの注意しないといけない点として、バイアグラは本物ですら副作用があるということです。詳しくは、バイアグラとは?副作用と危険性。服用、使用のメリット、デメリットのページに書かれています。バイアグラが偽物、粗悪品になると危険度が増してしまいます。一度もバイアグラを正規ルートで購入したことない人が多く、ペニスは勃起したことだけに満足をしてしまい、後々身体に異変が起きてしまったという話も聞きます。

偽物バイアグラの被害に合わないために

バイアグラの偽物は、世界各国で出回っています。 バイアグラを利用したくても保険が利かないので1錠1,000円以上で購入しないといけないため、 ついついジェネリックや偽物に手を出しがちです。ですが、本来心臓病の薬になるはずだった強い作用のある薬です。出来ればきちんと出所が分かるバイアグラを利用したほうが安全でしょう。

バイアグラ以外は偽物を嫌うのに何故バイアグラは偽物を利用するのか

あなたがドラッグストア、薬局などで良く利用する頭痛薬や、目薬などが、半額以下で購入出来たとして、どこの国で作られたか、製造過程がよくわからないものを利用しますか? 絶対に使わないはずです。プライベートブランドや、ジェネリック医薬品ならわかりますが、半額だからと偽物を利用する人など居ないはずです。 ところが、バイアグラだと偽物を利用してしまう人が居ます。 それは、偽物だと分かって利用しているのではなく、本物だと思って偽物を掴まされている人がほとんどなのです。 本物だと思って偽物を掴まされている人のほとんどはインターネット上の通販サイトでバイアグラを購入しています。所謂個人輸入サイトです。個人輸入は安全と書かれていることもありますが、実際はほとんど偽物で、しかも届くまで分からないので泣き寝入りなのが現状です。 いくら口コミやサイトのレビューが良いとしても、信用できるか分かりません。何せ、バイアグラを製造しているメーカーのファイザー製薬がネット上の通販サイトで売買されているバイアグラを調査したところほとんどが偽物だと言うことが分かりました。マスコミにも発表されています。 バイアグラの個人輸入サイトは法律が甘い、香港やシンガーポールなどで運営されていますが、実際の発送元は、インド、フィリピン、中国から送ってきています。 受注をするサイトの運営されている国と、発送している国が別の場合がほとんどです。 つまり、サイトを運営している人達も実際はどのような商品が送られているかが分からないのです。 本物ですと言って売りながら、発送は違う国から送っているので本人達も本物かどうかはわかりません。 運営者側も他国から仕入れ、他国に売っているので罪悪感も少ないでしょう。

偽物ジェネリック商品のおおくはコピー商品であり粗悪品の大半が中国産の商品です、それを見分ける方法について

分かりやすい偽物のバイアグラは?

バイアグラに人気が出たことで巷に氾濫したのが類似する商品および効果が期待できないのにバイアグラを名乗る粗悪品です。コピー品のおおくは共通点が下記のとおりです。
・生産国が中国
主に中国で偽物バイアグラが作られているようで、得体のしれない毒物が混ざっています。 たしかに、バイアグラの成分であるシルデナフィルが含まれているのですが、塗装を印刷用のインクでしていたりと 普段口にしないものを原料としている可能性が高いです。
・成分が粗悪で人体に悪影響
シルデナフィル含有量や製造過程での衛生管理・品質管理に問題のあるものが多く、 塗料を混ぜて本物に近い色にするという発想は中華ブランドです。そして、健康被害の影響は深刻ともいえます。中には死亡例まであります。
製薬工場で作られているのでなく、普通の雑居ビルで作られていたり、日本では考えられません。
・外観を似せているが本物と比べ粗悪
バイアグラに似せて作っているもので微妙に色や大きさが違うものがあります。 純正品を持っている人は比較すれば偽物の判別ができると思います。
ただ、パッケージは非常に凝っており、一見解らない方も多いと思います。また、個人輸入のバイアグラは 日本のバイアグラのパッケージと異なり、シンガポールで販売されているパッケージとなっていたり、そもそもシンガポールでのバイアグラを購入したことが無い限り、本当に正しいものか解らないと思います。
・有効成分が正規品の純度を下回っている。
純度の問題では、有効成分が90~110%含まれているものは10%に過ぎないという統計結果が出ています。 そして最近では市場に出回っている50%が偽物だといわれています。 日本国内の医療機関に流通しているものは50mgなので偽物である確率はゼロということになります。

偽物の見分け方

基本的にはWEBサイトでは本物か偽物かは見分けがつきません。画像だけ本物で送ってきたら全然違ったなんてことも個人輸入ではよくあります。
最もわかりやすい偽物を取り扱うサイトの傾向としては、生産国は中国、アジア圏である成分純度が100mgしか扱っていない業者は避ける。このあたりは商品が届いてから確認するまでもなく、偽物でしょう。
また、中国製の精力剤はシルデナフィルを違法に混入しているものが多く、医薬品でなくても避けていた方が良さそうです。
医薬品成分(シルデナフィル及び類似成分)が検出されたいわゆる健康食品について

↓バイアグラ歴10数年、精力剤で完治↓

↑ PAGE TOP