サイトへのお問い合わせ
050-5435-6285
info@iloveking.net

バイアグラ 効かない

バイアグラが効かない理由。バイアグラを飲み続けると効かなくなった。バイアグラの薬物体制、薬物依存について。

バイアグラを飲み続けると効かない?

バイアグラが効かなかった理由

・偽物、粗悪品の可能性がある
・服用量が足りない
・直前の食事、その前の食事の問題
・バイアグラを服用、飲む際の飲み物の問題
・消化器の吸収力の低下
・睡眠不足

バイアグラが偽物、粗悪品の可能性がある

バイアグラをネット通販、個人輸入等で購入、入手した場合、偽物の可能性があります。 飲んで全く効果が出ない、副作用がおかしいと感じた場合は、服用を中断してください。もしあなたが国内の医師の処方による正規品のバイアグラを使用したことが無い場合は、本物と偽物の違いの判断ができず、非常に危険です。 ネット通販、個人輸入等のバイアグラは4割異常が偽物とバイアグラのメーカー、ファイザー製薬の調べで分かっています。 ネット通販、個人輸入等のバイアグラはサイトを運営している国と、発送している国が違うので、いくら正規品保証、本物と書かれていても信用できるものではありません。詳しくは、 偽物バイアグラの被害 効果、副作用、本物との見分け方について

バイアグラの服用量が足りない

25mgを飲んで効果が無かった場合は服用量が足りない場合があります。その日のうちにもう一度25mgを足すという飲み方は避けて、後日50mgで再挑戦してください。バイアグラをはじめ、レビトラ、シアリスは1日に1回という服用です。足りないと感じてから再度飲むのは、副作用が大きく増す危険性があるので禁止されています。 服用量が足りない理由として、身体が大きい、高血圧、高脂血症、脂肪肝、糖尿病などの生活習慣病が原因に挙がります。日頃から脂っこいものを良く食べている方はバイアグラが非常に効きづらいです。食事に比較的左右されない、レビトラ、シアリスなど別のED治療薬を試してみるのも良いでしょう。高血圧、高脂血症、脂肪肝、糖尿病などの生活習慣病が原因の場合、バイアグラで一時的にEDが治ったとしても、ED、インポテンツの原因である高血圧、高脂血症、脂肪肝、糖尿病などの生活習慣病が改善されることはありません。歯が痛いときに麻酔や鎮痛剤をもらってやり過ごしているようなもので、根本的な治療ができていません。私自身もそうだったのですが、放っておくとどんどん悪化します。そうなる前に、一度根本の改善を始めてみましょう。根本改善するには精力剤がおすすめです。

直前の食事、その前の食事の問題

バイアグラは事前の食事や直前の食事のタイミングに効果が大きく左右されるED治療薬です。 バイアグラを飲むのに最適なのは、空腹時。食事をした場合は2時間は空けるのが基本です。 この2時間前の食事も脂っこいものは避けてください。焼肉などの肉類や揚げ物などを食べてしまうと胃や腸を油でコーティングしてしまい、バイアグラの有効成分シルデナフィルを身体が吸収できなくなります。 バイアグラの有効成分シルデナフィルは、小腸で吸収されますが、小腸が食事の直後で油でギトギトしている場合は、成分がうまく取り込まれません。胃や腸の油のコーティングは6、7時間は取れません。食後2時間空けてもバイアグラが利かなかった場合、事前の食事の油分の量が原因ということがあります。
バイアグラを服用する日は、ランチから、中華、肉類、揚げ物系は避けて胃の中をサッパリした状態をキープしておきましょうをご覧ください。

バイアグラを服用、飲む際の飲み物の問題

バイアグラを服用する際は水かぬるま湯いがべストです。 食事のときの塩分量が少な目だった場合は、薬は少量の水で飲んだあと、ポカリスエットやアクエリアスのような体が吸収しやすい水分を追加するのも効果的と言われています。 その他、お茶や清涼飲料水でも大丈夫ですが、 グレープフルーツジュースなど柑橘系の飲料は避けてください。グレープフルーツとバイアグラの飲み合わせは非常に悪く、一緒に飲むと体内の代謝酵素によって本来分解してほしい場所、時間に分解されず、副作用が大きくでることがあります。バイアグラを飲む際に、少量のアルコールは問題ないのですが、グレープフルーツサワーなど柑橘系のお酒、割りもので飲んでしまうと大変なことになってしまいます。覚えておくと良いでしょう。
また、牛乳など脂肪分がある飲み物でバイアグラを飲むと、脂っこい食べ物と同じで、バイアグラの吸収を阻害してしまうので控えましょう。 アルコールはお酒が強い人はバイアグラを使ってのセックスの前にはビール1杯までで、多くても2杯までにしておきましょう。お酒の弱い人はバイアグラを飲む際は避けておくのが無難です。 アルコールを飲みすぎると神経伝達が鈍くなり、性的刺激を与えても勃起が鈍くなります。バイアグラは勃起を促す薬ではなく、勃起したら治まらなくなる薬です。そもそも勃起しづらい状態になっているとバイアグラの本領が発揮されませんので注意しましょう。

消化器の吸収力の低下

老化とともに食べる能力は落ちていきます。 加齢による老化で、胃粘膜の萎縮や動脈硬化で血流が悪くなっていると、胃潰瘍になりやすくなります。 また、脂っこいものを食べていると空腹を感じづらくなったり、胃もたれしやすくなったりします。 胃では老化によって粘膜が萎縮して、胃酸分泌が低下し、病原体への抵抗力が低下します。鉄やビタミン吸収能力も落ちてしまいます。バイアグラの成分が吸収されづらくなるわけではなく、事前に食べている食べ物がいつまでも残っている状態だと、食後2時間空けていてもバイアグラが効きづらい場合がります。 動脈硬化、肥満、糖尿病などの人の食生活はバイアグラが効きづらい食生活です。食生活を治す事でバイアグラが効きやすくなるだけではなく、EDの根本改善につながります。

睡眠不足

睡眠は人間に必要不可欠。疲労回復と共に様々な作用があります。 睡眠は、男性ホルモンであるテストステロンの分泌にとても重要で、アメリカの研究で1週間の睡眠を5時間にした場合、テストステロンが15%減少したという研究結果があります。 テストステロンは性欲、性力をアップさせます。男性が男性らしく活動するにはテストステロンは必須です。力強いセックスをしたい場合はしっかりとした睡眠が必要です。当日あまり寝られていない場合は、仮眠してからのセックスも有効です。

バイアグラは飲んでいると効かなくなる?薬物耐性について

バイアグラを毎日続けて飲んでいると、だんだん効かなくなってきます。最近バイアグラ耐性が付いちゃってさぁ…なんて私は数年前まで言ってました。でも実はバイアグラは薬物耐性はありません。つまり、バイアグラを毎日飲んでいても効かなくなるというのは有り得ないのです。ですが、実際私は効かなくなりました。25mgのバイアグラで効いていたはずが、50mgに上がり、船越英一郎さんのように100mgに手を出してしまうことも…。全てバイアグラの使い過ぎ、耐性ができたというせいにしていたのですが、実際は違いました。実際は、動脈硬化、高脂血症、脂肪肝、尿酸値、と色々な生活習慣病の爆弾がどんどん大きくなっていたのです。もう一度言いますが、バイアグラは毎日使っていても効果が薄まったり、効かなくなったりしません。それは、体質、体調が悪化して前の量では効き目が薄くなったということなのです。

バイアグラと依存症について。バイアグラを飲んでいると依存症が出てくる?

バイアグラの依存症について。バイアグラは薬物依存性はありません。ただ、精神的にバイアグラを必要としてしまう機会が多くなっている場合は注意が必要です。本来男性の身体は何歳になっても健康な身体であれば勃起はできます。生涯現役とは正にこのことです。ですので、バイアグラばかりに頼らず、一度しっかりとEDに向き合う必要があります。勃起の仕組みを知ることでバイアグラ無しでも勃起出来るようになるでしょう。

↓バイアグラ歴10数年、精力剤で完治↓

↑ PAGE TOP