日本製精力剤の評価、副作用、危険性

国産精力剤 安全性の評価と副作用と危険性について
中国製精力剤と韓国製精力剤の副作用、危険性
個人輸入で異物混入精力剤を買わない為に

精力剤の副作用について

精力剤、ここでは男性用サプリメントの事を指します。日本の安全な工場で生産した精力剤を1日の摂取量を守れば副作用の心配はありません。精力剤の人気成分アルギニンについて、危険だと書かれているサイトもありますが、アルギニンは、鶏肉、豚肉、牛肉にも含まれているアミノ酸で、薬品のような成分ではありません。ただ、アルギニン粉末などを海外から購入し摂取する場合は注意が必要です。アルギニンは強アルカリ性で、アルギニンサプリをそのまま飲むと、刺激が強く、胃痛、胸やけを起こすことがあります。国内生産の精力剤は中和する成分が必ず入っているので胃痛、胸やけの心配はありません。

天然成分配合の精力剤のアレルギー症状について

マムシ末、スッポン末、サソリ末などの動物を乾燥させて粉末にした精力剤や、マカ、トンカットアリ、クラチャイダム、朝鮮人参などの植物を乾燥させた粉末は、天然成分、天然原料の為、副作用としてアレルギー反応が起こる場合があります。もともと、蛇、スッポン、甲殻類に弱い方や、人参、ニンニクなどにアレルギーがある方は事前にアレルギー検査を行うと良いでしょう。胃への圧迫感、下痢、かゆみ、発疹、蕁麻疹などのアレルギー症状を感じたら、精力剤を飲むのを一度やめ、病院で検診を受けましょう。

精力剤の危険性

海外の個人輸入サイトでは(日本語で書いてあるのでわかりづらい)バイアグラの主成分のシルデナフィルを混入したサプリメントなどが精力剤として販売されており、非常に分かりづらい&危険です。シルデナフィルは医薬品で、一時的な効果はありますが、精力剤とは違い根本の治療にはなりません。精力剤、男性用サプリメントとして毎日摂取するものではなく、EDが改善したと勘違いしてしまいます。また、シルデナフィルは一緒に飲んではいけない薬もありますので他の病気にかかった時、薬を処方してもらう際にサプリメントしか飲んでいないと報告することで命にかかわる危険性があります。

国産、日本製の精力剤の安全性、評価

男性サプリメントの国産、日本製の評価はアジア各所でも高く、日本へ旅行へ来た中国人たちは爆買いをしているほどです。国産、日本製の精力剤の中でも、医薬品の製造管理、品質管理基準であるGMPの認定を受けている工場で製造されているサプリメントは、成分の偽造、不純物の混入の心配がありません。GMPの認定を受けている工場で製造されているサプリメントを選ぶことは、安全性を確保できていると言えます。

サプリメント工場GMP認定、GMPとは?

GMPとは、Good Manufacturing Practice(適正製造規範)の略で、原材料の受け入れから製造、 出荷まで全ての過程において、製品が「安全」に作られ、「一定の品質」が保たれるようにするための製造工程管理基準のことです。

何故サプリメントにGMPの認定が必要なのか。

精力剤、サプリメント(特に錠剤やカプセル状のもの)は、製造の過程で濃縮や混合などの作業が行われるため、製品中に含まれる成分量にバラつきがでたり、汚染などにより有害物質が混入したりする可能性があります。この問題を未然に防ぐためにGMPが導入されるようになりました。国際的にもGMPの義務化や自発的な取り組みが推進されています。

健康食品GMPガイドラインの3原則

GMP認定は厚生労働省のの「健康食品GMPガイドライン」に基づいて、民間の団体である第三者機関が、申請のあった健康食品製造会社の工場ごとに審査・査察をし、客観的に行っています。 製品の品質を保つための大きな目標を健康食品GMPガイドラインの3原則があります。

・各製造工程における人為的な誤りの防止
・人為的な誤り以外の要因による製品そのものの汚染および品質低下の防止
・全製造工程を通じた一定の品質の確保

GMP認定工場ではどのような品質管理がされているか

GMP認定工場では、次のような品質管理が厳密に行われています。

・正しい原材料が使用され、製品に含まれている量は正確か
・衛生的に作られたか(施設や作業員の衛生状態など)
・異物が混入したり、他の製品との混同が生じたりしていないか
・どの製品も均質で設計どおりの内容か
・賞味期限内の品質は本当に保証されているか
・製造と品質管理に関する全ての記録が規定どおりに作成され、保管されているか
・規格外の製品が出荷されないよう、チェックする体制ができているか
・苦情などに対応できるよう、サンプルや製造・品質等の記録が残されているか

↓安全な精力剤ランキング↓

中国、韓国、アジア圏の精力剤の安全性、危険性

中国の精力剤は違法にシルデナフィルやグリベンクラミドが混入されていてたった1粒飲んだだけで病院に運ばれるほどの破壊力を持っています。このような精力剤は、個人輸入サイトや、海外精力剤通販サイトで現在も販売されています。運営者が中国人、中国からの発送の為厚生労働省は注意を呼び掛けることしかできず、海外サイト、個人輸入サイトと知らずに購入してしまう恐れがあります。中国人の運営サイトでも、しっかりと日本語で書かれているため、しっかりと確認しないと非常に分かりづらいです。

中国製精力剤、男根増長素(NangenZengzhangsu)」の健康被害ニュース

中国製精力剤を購入してしまった30代日本男性、日本で起きてしまったニュースです。 30代の男性がインターネットの個人輸入代行を利用して該当製品を購入し、 1月末に服用したところ、低血糖による意識障害等を起こし、医療機関に入院しました。 (現在は回復し、すでに退院しています。) この男性が使用した製品は「男根増長素(NangenZengzhangsu)」で、 あわせて「威哥王(ウェイカワン)」と「巨人倍増枸杞こう嚢(キョジンバイゾウクコ コウノウ)」も購入していました。 福島県衛生研究所で分析したところ、それぞれ医薬品成分であるグリベンクラミドとシルデナフィルが検出されました。

違法な精力剤は、まだ販売されている。海外サイト利用は要注意!

実は、このニュース、2008年に起きたニュースなのですが、2017年の時点でまだ男根増長素(NangenZengzhangsu)は販売されているのです。何となくネット通販で買ってしまっていても、個人の自由として個人輸入をしていることになるので事件としての立件も難しく、野放しになりっぱなしです。中国製の精力剤は漢方を謳っていても思いっきり医療成分を入れて効果、効能をごまかしています。精力剤は毎日飲む栄養補給であり、習慣的に医薬品を飲む行為とは全く違い、非常に危険です。

男根増長素はペニス増大サプリ、精力剤として売られている

男根増長素を販売しているサイトでは、漢方、精力剤と書かれており、 成分鹿鞭、淫羊素(インヨウカク)、亀甲、山茱萸(さんしゅゆ)、西洋人参等。と記載されています。 実際は医薬品成分であるグリベンクラミドとシルデナフィルの一時的効果で、栄養成分で身体が根本から改善されたと錯覚させられています。
何度も言いますが、男根増長素を1粒飲んだだけで低血糖による意識障害等を起こし、病院送りです。 たった1錠で、病院送り。めちゃくちゃ危険です。

韓国の精力剤の評価と危険性

韓国の精力剤も違法にシルデナフィルを混入された精力剤が多いです。国からの許可を得ず違法に作られた精力剤もどきは、日本人をターゲットに作られており、成分や異物混入などどうでもよいのです。韓国と言えば、朝鮮人参、高麗人参が有名で、本場の精力剤を利用したい場合は、韓国政府公認の朝鮮人参、高麗人参の精力剤を生産しているっ正官庄の紅参を購入すると良いでしょう。正官庄の紅参は医薬品も製造可能な先端施設で製造されています。 2012年には、HACCP (Hazard Analysis and Critical Control Points; 危害要素重点管理基準) の認証を受け、ISO22000 を獲得しています。 製造の基本情報、原材料情報、品質情報、出荷情報などのすべての記録を「健康機能食品履歴追跡」システムで管理し、常に安心・安全な商品をお届けしています。

↓バイアグラ歴10数年、精力剤で完治↓

↑ PAGE TOP