ED治療には一酸化窒素

ED治療は、体内の一酸化窒素の分泌を促す事が大切。
バイアグラは有効成分シルデナフィルにより血管が拡張します。
体内で一酸化窒素の生成を促すことで同じように血管が拡張します。

ED治療の近道は、血管拡張、血流改善。

ED治療の近道は、血のめぐりを良くすること。これだけです。バイアグラは、この血のめぐりを良くするために、一時的に血管を拡張します。有効成分はシルデナフィルと言います。このシルデナフィルは、血管の拡張を促すだけではなく、勃起を終わらせるために体内で発生する酵素、PDE5型酵素の作用を抑制する力があります。一度勃起をするために血流を促した後、勃起が終わらないようにしてくれるということです。この為、バイアグラは、勃起を促すだけでなく、勃起を維持する持続力を引き出してくれるため、中折れなどの対策としても利用されます。

血管の拡張と直接関係のある一酸化窒素

一酸化窒素は、血管内皮細胞から生成され、血管内皮の調節をしている物質です。具体的な一酸化窒素の働きは、血管拡張作用、血小板凝縮抑制作用があります。一酸化窒素の分泌が恒久的に血管内皮細胞から行われることによって、高脂血症、動脈硬化を防ぎます。 つまり、高脂血症、動脈硬化を防ぐには体内で一酸化窒素の生成をしやすい環境にしておくことが大切です。一酸化窒素は抗動脈硬化作用は、1998年にノーベル賞を受賞しており、ED治療に大きく貢献しました。

一酸化窒素の分泌の重要さ

一酸化窒素の分泌が減ると、動脈硬化性疾患(虚血性心疾患,脳血管障害等)が起こります。狭心症、心筋梗塞、脳卒中、脳梗塞、脳出血の原因は、血液の流れが悪い、血管が硬くなり、心臓や脳に負担をかけてしまうことです。 この血液の流れが悪い、血管が硬いというのが、ペニスに起こってしまっているのが器質性EDです。つまり、血管が若々しく(血管が柔らかい)血液がサラサラだった場合、高年齢でも問題なく勃起をするのです。80歳過ぎてもペニスが元気な老人は、血管年齢が若く、血液がサラサラなのです。ペニスが元気なだけでなく、脳卒中や心臓病への心配もいらず、健康な生活を送れているのが特徴です。

EDの根本治療には一酸化窒素の分泌

お気づきな方も多いと思いますが、器質性EDの根本の治療には血管の拡張、血液の流れの改善の2点が必要です。 この2点を改善するには、一酸化窒素の分泌が必要になります。そして、この一酸化窒素の分泌に必要なのが、アミノ酸の一種であるアルギニン。このアルギニンは若い頃は成長ホルモンの分泌とともに、体内の生成量が十分合成されるのですが、成長期が終わるとともに、体内での生産量が年々減少していくため、若々しく生きていく為には食事、サプリメントで補う必要があるのです。アルギニンを摂取することで40歳、50歳、60代でも成長ホルモンの分泌を促します。一酸化窒素の生成はもちろんのこと、筋肉、骨、血液、皮膚などの代謝に使われ、古い細胞から新しい細胞に生まれ変わらせていきます。その結果、アルギニンには、疲労回復効果や若返り効果があると言われているのです。若々しい新陳代謝のリズムを得るには20代後半からアルギニンを経口摂取することが最重要となります。アルギニンについて詳しく知りたい方は、 アルギニンサプリの効果、効能、副作用 バイアグラとアルギニンの違いをご覧ください。

アルギニンはバイアグラに含まれていない!精力剤に含まれている!

バイアグラも精力剤も同じように血管を拡張することでED改善させますが、バイアグラの有効成分シルデナフィルは一時的に血管を拡張させるだけです。一方の、精力剤に含まれるアルギニンは、体内での一酸化窒素の生成を促し、血管を拡張、血液をサラサラにすることで勃起を促します。つまり若い頃当然のように勃起していた体調に戻すという事です。どちらが身体によいかは一目瞭然ですね。 バイアグラで一時的な満足ではなく、アルギニン量が多い精力剤を飲むことでEDを解決しませんか? 食生活、臓器の体調を改善してED対策を行っていくのであれば、性力を強くする方法 薬ではなくサプリメントや食事が効果的なUP術も併せてお読みください。

↓管理人が"今現在利用している"精力剤↓ ヴィトックスα

↓管理人のしくじり体験談↓
↓バイアグラ歴10数年、精力剤で完治!↓

↑ PAGE TOP