バイアグラ 個人輸入

バイアグラを個人輸入するのは違法?安全?
中国産やシンガポールなどアジアを経由した個人輸入は安心?
個人輸入と法律。バイアグラ医薬品を購入する際の注意点

バイアグラの個人輸入は合法?

バイアグラなどED治療薬を個人輸入することは、個人の利用に限って合法です。 輸入者自身が自己の個人的な使用に供することが前提ですので、輸入した医薬品等を、ほかの人へ売ったり、譲ったりすることは認められません。ほかの人の分をまとめて輸入することも認められていません。
輸入する際の数も制限されており、バイアグラの場合は2ヶ月分しか購入できません。 外国ではサプリメントとして販売されていても日本では医薬品だったりする場合もあるので、注意が必要です。

医薬品の個人輸入は、危険性と必要性をよく考える必要あり

海外から医薬品を個人輸入する場合は、様々な危険性があると厚生労働省も呼びかけています。

・日本の品質基準を大きく下回る場合がある
・不衛生な場所や方法で製造されている場合がある。
・虚偽又は誇大な効能・効果、安全性がない商品の場合がある。
・正規のメーカー品を偽った、偽造製品の恐れも。
 →バイアグラ(ジェネリックを含むED治療薬)の偽物について

個人輸入をする前に何故海外から個人輸入をするのか、必要性をもう一度考えると良いでしょう。

処方箋を貰う診察の手間 … この手間を省くことで品質、真贋が分からないバイアグラを飲んでも良いのか。
価格が安い … 確かに日本国内で購入するよりは安いが、安全を買うメリットも確認する。

バイアグラ(ED治療薬)でなくても勃起不全は克服できる

そもそもEDはバイアグラなどのED治療薬に頼らずにも克服出来るのです。 国産の良い精力剤を2ヶ月使用することで、小腸は10回、肝臓は1回ターンオーバーをし、古い細胞から新しい細胞に生まれ変わります。 小腸、肝臓の調子を上向けることで、精力剤のアミノ酸をより吸収し、体内でバイアグラと同じく一酸化窒素を生成し、勃起を促します。 EDの方が精力剤に即効性を感じられないのは、臓器が弱っている場合が多く、精力剤自体が臓器を作るアミノ酸の固まりのようなものなので、 精力剤を飲み続けることで新しい臓器の細胞を作る元を補充し、新陳代謝を促しつつ、次第に勃起に効果がある精力剤成分を体内に吸収しやすい環境を作ります。

良い品質の日本製精力剤は一度は利用すべき

日本製の精力剤は臨床試験、モニターなどを利用して日本人向けに作られており、バイアグラのような副作用もありません。 更に、精力剤は、体質改善に優れた栄養群なので、ペニス以外の活力アップにも効果があります。肝臓を始めとした臓器、EDの原因となる筋力低下からの回復の効果や、血液をサラサラにする成分も非常に多く入っており、健康状態を若い頃に戻した上での勃起になるので、精力剤を飲んで勃起出来る状態になったほうが無理矢理バイアグラで勃起させている状態よりも良い状態なのは当然です。

バイアグラの個人輸入

バイアグラ商品を購入するとき、数多く販売されている商品の中からどの製品を買えば良いのか?
おすすめしたいのはファイザー製薬から販売している商品です。
バイアグラはファイザー製薬の先発品として、相変わらず高い地位を誇っており、30錠12万円とかなり高価な薬として売られています。また、正規ルートで購入した個人輸入の本物であれば、保証書が付属しているので、効果は保証されたものになります。ファイザー製薬もジェネリックの製造をしているようです。
ファイザー製薬の特許が切れたこともあり、バイアグラ・ジェネリックの製造は世界中で盛んに行われていますが、現在の個人輸入の主流は、先発品の特許有効期間を短く設定しているインドではすでにバイアグラ・ジェネリックを販売しています。

中国製と比べるまでもなくインド製はジェネリック商品として実績があり、医薬品としての効果も実証されています。安物買いの銭失いとならないためにも多少値が張ってもインド製品を購入することをすすめます。ただし、購入先のサイトがシンガポールや香港の場合この必ずしもインド製のジェネリック医薬品が手に入るとは限りません。中国製の粗悪品、偽物をつかまされると私のようにとんでもない副作用に悩まされてしまいます。

バイアグラジェネリックと言えばカマグラが有名だが

ジェネリック王国ともいわれるインド製のバイアグラ・ジェネリック「カマグラ」がバイアグラと同成分のED治療薬としてロングセラーを誇っています。バイアグラと同じシルデナフィル含有の類似品は海外で売られているので、安く購入することもできます。バイアグラ・ジェネリック「カマグラ」の場合、100mg1錠あたり110円と驚きのコストパフォーマンスです。
成分としてはどちらも同じシルデナフィルなので基本的に作用は同じですが、不純物の割合はジェネリックの方が多くなります。結局のところシルデナフィルの含有量が異なるというだけで低価格で、個人輸入ができるというのも一つの購入法としての選択肢になります。 私はこのカマグラを個人輸入して結果的に大失敗をしました。お得だと思って箱買いしたのですが、体質に合わずに2錠だけ試して他はすべて捨てる羽目になりました。バイアグラジェネリックは確かに安いですが、バイアグラ自体の効果を知らずにジェネリックを使用してしまうと、本来の副作用なのか、不純物の副作用なのかが分からなく、結果的に不安になってしまいます。医師に処方された薬ではないので医師に相談ができず、結局捨ててしまい、結果的に高い買い物となってしまいました。

↓バイアグラ歴10数年、精力剤で完治↓

↑ PAGE TOP