たたない 勃起しない

勃起しない原因、勃起不全の原因とは?
勃起しない時、勃起をさせるには?勃起の仕組みを知る
勃起不全には勃起薬、勃起剤、?精力剤、バイアグラ?

たたない!勃起しない!勃起できない!ペニスの悩み勃起不全を改善するには

ある日突然勃起しなくなった!急に勃起できない!という勃起の悩みの方も多いのは事実ですが、 実際は勃起不全は急性に起こるものではありません。しっかりと、前兆があるのです。 勃起不全は前兆があるのですが、忙しい現代人は勃起不全の前兆に気づきません。
最近調子が悪いという日々の生活の疲れや、だるい、めんどくさい、など、身体の活力、精力が落ちているのは勃起不全の前兆なのです。
働いている仕事や環境、学生時代の運動量や、食事、睡眠などによって個人差がありますが、勃起不全は20代前半から、40代にかけて身体の仕組みとして起こります。何も対処しないで生涯現役、80歳までビンビンというのは極々少数派で、基本的にはきちんと対策を行って勃起を維持することが必要です。

勃起しない原因、勃起できない原因、たたない予兆は男性ホルモンの減少から

上のグラフは、男性ホルモンの分泌量、年齢との推移です。男性ホルモンは、男性らしさを維持するホルモン。セックスの面では、精力の強さというより、性欲、性力、ムラムラをつかさどるホルモンです。このグラフはセックスやオナニーを含む射精回数と比例すると思ってもらって大丈夫です。グラフの通り、男性の性欲は10代後半から急激に上昇しますが、ピークは20代前半。つまり、性欲、射精回数は20代前半をピークに下り坂になっていきます。ですが、そもそも10代後半から20代前半は、勃起をしたくてしているわけでもなく、射精回数を増やさなきゃと思っているわけでもなく、ただただ本能、性欲に従っているだけの状態なのです。10代後半から20代前半は意識をしなくても勃起していましたが、それ以降はしっかりと意識を持ってセックスと向き合う必要があるように身体の仕組みが出来ています。

たたない原因:1

男性ホルモンの分泌の低下 20代前半をピークに性欲、性力が下がる

男性のほとんどが若い頃は、朝勃ち、性欲、射精回数など意識していない

フル勃起しないな、途中で中折れしてしまうなと、少しずつ勃起不全の前兆が出てきて、 何となく、調子が悪いことに気が付き始めるのですが、「たまたま今日は飲み過ぎた」「残業が続いているから疲れている」など色々な言い訳がポンポン思いついてしまうのが、大人のナイトライフです。 セックスのことしか頭にないのに、お金も場所もないような学生時代とは訳が違うのです。
ですが、そもそも若い頃から勃起するしないに気を使っている男性などいませんよね。勃起するかしないかではなく、勝手にしてたり、勃起しても相手をどう誘ったらよいかわからなかったり、そんな若かりし頃に万が一勃起しなかったらどうしようなんて考えながら生きている訳がありません。

たたない原因:2

そもそも若い頃も勃起の為の努力などしてないので、ホルモンの低下で自然と性欲、性力が下がっていく。

中年になったらたたない 勃起しないのは当然?男性ホルモンはどんどん減少していく

グラフを見る通り、本能のままに、性欲が上がり、本能のままに性欲が下がっていくのです。ですのでセックスの回数が減っていくことは男性にとってい自然の摂理なことなので、本来は気にすることはありません。ですが、性欲とは別に、彼女、妻とのセックスの義務感や、いい女を抱きたい、遊びたいという性欲とは違う承認欲求、自己実現欲求が存在するので、ギャップが発生するのです。10代、20代の純粋な女性に対する恋愛感情や性欲とはまた違った形での性欲が発生する30代、40代。新たな性欲はあっても、対応する性力は著しく落ちている最中なのです。
考えてもみてください。10代、20代前半の頃義務感でセックスなんかしていないはずです。あの性欲は正しく本能的な性力だったのです。

たたない原因:3

放っておくと男性は自然と性欲も下がり、勃起しなくなってしまう。

男性の性欲と女性の性欲と勃起不全の関係

先程のグラフに、女性ホルモンの分泌量を足したグラフです。このグラフを見て一目瞭然なのが、女性ホルモンの分泌のピークが男性のピークを越えた30代前後に訪れ、男性よりも緩やかに下がることで分泌のピークが長いことです。 20歳、同い年で付き合い始めたとして、男性のピークは23歳、24歳で訪れ、30歳になる頃には女性の方が性欲が強いなんてことはザラに起きてしまうのです。彼女、妻に飽きたのではなく、単に性欲のピークが終わっただけなのですが、女性は全盛期、こっから10年はヨロシク!というような状態なので性欲のギャップが生まれるのです。

もしこのページを女性がご覧になっていたら下記のページも併せてご覧ください。男性とEDの関係をより深く知る事ができます。

男性ホルモンの低下は勃起しない原因の氷山の一角でしかない

男性ホルモンの低下はED、勃起しない原因の1つではあるのですが、それ以上に大きく影響しているのが、成長ホルモンの分泌の低下です。男性ホルモンは男らしい身体付きにしたり、性欲を本能的に高める効果があります。ですが、一番の問題は、性欲が無くなったことではなく、性欲もあるのに女性を前にして勃起しない状態になってしまう身体の異変です。つまり男性ホルモンは機能しているのに、ここぞという時に勃たない原因は他にあるのです。

男性陣の性欲が落ちてきたところで追い打ちで精力が落ちてくる

さぁ、男性陣は困りました。今までは本能のままに、性欲のままにセックスをしていたのに、知的に、論理的にセックスをすべきかを考えなくてはなりません。 女性としては、「散々性欲を受け止めてきたんだから、今度は男性が性欲を受け止めてよね。」という気持ちでしょう。同じように男性陣も「しっかり、ちゃんと、愛情表現として、コミュニケーションとして、セックスしたいな」と思っているのです。 男性も、性欲が無くなったからと言って勃起が出来なくなるわけではないのです。性欲まっしぐらだったころよりセックスに乗り気ではなくても、しっかりと期待に応えて頑張りたいのです。 そんな女性思いの男性にも、追い打ちをかける現象が30代前後で起きるのです…!それは、性欲に続く精力の減少です。

たたない原因の根源

男性ホルモン減による性欲の低下以上に、成長ホルモン減による精力、男性機能の低下が勃起不全の原因!

性欲は減っても、セックスはしたいと思う気持ちへ追い打ちの勃起不全

男性も性欲が減ったからと言ってセックスがしたくなくなったわけではありません。性欲が落ちたからといってセックス自体が気持ちよくなくなるというわけではないので、したいっちゃしたい、ヤリっちゃヤリたい気持ちもあるのです。そんな男性に来る第2波。精力の減衰です。性欲とは別に、精力的、身体的に勃起がしづらい環境になるのが成長ホルモンの分泌の低下です。

勃起不全の改善は、成長ホルモンを分泌させることが最重要!

性欲の低下は男性ホルモンの分泌の低下ですが、男性機能の低下は成長ホルモンの分泌の低下が原因です。ですので、性欲ではなく、精力をアップさせるには成長ホルモンの分泌を促す必要があります。成長ホルモンを分泌には、アルギニンというアミノ酸が深く関わっています。
アルギニンは、成長ホルモンを促すだけではなく、血管収縮を和らげる、血管年齢を若い状態に戻す効果があります。動脈硬化への効果だけではなく、ペニスへの血流の改善にも非常に役立ちます。更にアルギニンの凄いところとしてあげられるのは精子の主成分だということです!精子を構成する80%がアルギニン。アルギニンが足りていないことと勃起しない原因の密接な関係を理解していただけたのではないでしょうか?アルギニンを毎日摂取することが、一石二鳥以上の効果をペニスにもたらせてくれるのです。

たたない原因の改善するなら

勃起不全の改善は、成長ホルモンの分泌にあり!成長ホルモンの分泌を促すアルギニンは精子の8割を占めるアミノ酸でもあり、性生活と密接な関係あり!

成長ホルモンを分泌させるアミノ酸、アルギニンとは!?

成長ホルモンを分泌させるアミノ酸、アルギニンは、必須アミノ酸ではなく非必須アミノ酸に分類されています。つまり、体内で生成できるアミノ酸なのです。ですが、大きな落とし穴がここにあります。アルギニンの生成量は20歳を超えると低下してしまい、食べ物や飲み物で補う必要があるのです。このようなアミノ酸を準必須アミノ酸というのですが、この準必須アミノ酸の重要性を知らないという人は非常に多いのです。

超重要!勃起不全の改善はバイアグラよりも精力剤!

勃起しない原因は男性ホルモンによる性力、性欲の低下。そして成長ホルモンの分泌が減ることによる新陳代謝の乱れによる老化。この2つを改善してくれるのは、精力剤です。バイアグラではありません。バイアグラの仕組みは、一時的効果だけで、根本の改善とは何ら関係ありません。虫歯が痛いときに鎮痛剤を飲んだり、麻酔を打つようなもので、薬が効いている間は効果がありますが、根本的な改善とは全く関係ないのです。精力剤は、男性ホルモンの分泌を促したり、成長ホルモンの分泌を促し、若い頃と同じ体内環境に近づけてくれます。確かに老化による勃起不全なのですが、加齢が原因ではなく、若い頃は体内で生成できていた非必須アミノ酸の量が減り、食事で摂取しないといけない状態、栄養不足なのです。食事で補うのは難しく、精力サプリ、精力剤を利用してしっかり補う事が勃起不全の改善への一番の近道なのです!

勃起不全を改善するには

勃起不全を改善するなら、バイアグラではなく精力剤。バイアグラは一時的に勃起状態を保つもので、体調が改善されるものではない。体調の改善にはアルギニンなどの栄養素を豊富に含んだ精力剤が必要不可欠!

勃起不全に効く精力剤ランキング

成長ホルモンの分泌を増加!新陳代謝の活性化!血流の改善によるペニスへの勃起促進!精力剤をしっかりのんで勃起しない原因を改善しましょう!

1位 2位 3位
バイタルアンサー マカ&クラチャイダム ヴィトックスα
バイタルアンサー マカ&クラチャイダム ヴィトックスα
30~50代に人気 幅広い層に人気 20~40代に人気
バイタルアンサー マカ&クラチャイダム ヴィトックスα
30日返金保証 今だけ初回990円 +1個貰える
4位 5位 6位
レッドドラゴン クラチャイダムゴールド マカエンペラー
レッドドラゴン クラチャイダムゴールド マカエンペラー
40~60代に人気 40~70代に人気 20~40代に人気
レッドドラゴン クラチャイダムゴールド マカエンペラー
90日返金保証 当サイト限定半額! プレゼント有り

バイアグラの仕組みについて なぜ勃起するか

このページではバイアグラの仕組みについて、バイアグラの効果、作用についての正しい知識を出来るだけわかりやすく説明します。まずはじめに

・バイアグラなどのED治療薬は勃起させる薬
・精力剤は薬じゃないから効果がない
・ED治療薬はEDを治す
・バイアグラと精力剤の併用は身体に悪い

このような考えは間違いです。正しくは、

・バイアグラは、勃起を治まるのを阻害する効果がある薬
・精力剤は勃起を促すアミノ酸などの栄養分を補給出来る

なのです。私も10数年間、詳しいことを知らずにバイアグラを愛用し続けていたのですが、定年後、このサイトを運営するために色々調べた結果、正しい知識を得ることに成功しました。

バイアグラの正体

バイアグラは身体の機能を高めている薬ではなく、身体の機能を阻害して、結果的に勃起させている薬で、性欲、精力、性力をアップさせる作用は一切ありません。

バイアグラの作用は、中折れ対策に強い!

バイアグラの作用は、勃起を治める、収める作用を阻害する作用で、1度勃起したら、なかなか勃起が治まらない状態を作るのが得意な薬です。これはバイアグラの他、シアリス、レビトラも一緒で、ED治療薬は、厳密に言うと、EDを治療している訳ではなく、PDE5という機能を阻害しているPDE5阻害薬なのです。鎮痛剤が、痛みの原因を治している訳ではなく、痛みを感じなくしている状態なのと一緒です。 EDの中でも中折れは、勃起する力はあるのに持続力が無い方に起きる症状なので、1度勃起させた後の持続力を維持させるバイアグラは中折れ対策に最適な薬と言えます。なかなか勃起をしないと言う悩みの方は、バイアグラだけでなく精力剤の併用もおすすめします。精力剤は、バイアグラと違い、勃起をする為に必要な栄養素を補うことができます。バイアグラと精力剤の違いやEDに対しての効果についての詳細は、バイアグラと精力剤。おすすめは?EDに効果があるのはどっち?をご覧下さい。

バイアグラでは勃起をしない

そもそも性的刺激を受けないと勃起はしません。性的刺激と言うのは五感全てです。視覚での性的刺激、触覚での性的刺激など、見たり、触ったり能動的な刺激や、匂いや音、味などの受動的な刺激が性的刺激と言えます。思ったり、考えたりという想像も性的刺激です。つまり、バイアグラは勃起のきっかけの要素は全くありません。

性的刺激で一酸化窒素の分泌が起こる

性的刺激が怒ると血管の内皮から一酸化窒素が分泌されます。一酸化窒素の分泌により血管を拡げる作用のあるcGMPという物質が作られます。 cGMPが作られたことにより、ペニスの平滑筋、海線体に血が巡り、勃起が起きます。

・勃起には体内でのcGMPの生成が不可欠。
・cGMPを生成するには、血管の内皮から一酸化窒素の分泌が必要。

勃起が起こるメカニズムにバイアグラは関係ない

勃起に必要な血管を拡げる作用のあるcGMPを増やすといった作用はなく、バイアグラは勃起が起こる為のメカニズムに関係がありません。 ではバイアグラでどうして勃起するのでしょうか。

厳密にいうとバイアグラでは勃起しない。バイアグラで勃起が治まるのを食い止めるのです。

バイアグラでは勃起しません。勃起している状態から勃起が治まる状態を食い止めるのがバイアグラです。 近い言葉で正しく説明すると、バイアグラは中折れ防止役、中折れ防止薬なのです。 先ほども説明しましたが、勃起には勃起には体内でのcGMPの生成が不可欠です。 健康的な状態でも、1度勃起したらいつまで経っても勃起しているという訳ではないですよね。勃起は自然と元の状態に戻る訳ではなく、 体内の酵素によってcGMPを分解することにより平常時の状態に戻ります。 この体内の酵素の働きを邪魔することによって勃起状態を維持するのがバイアグラの本当の作用です。

バイアグラ無しで勃起を続けるには

バイアグラ無しで勃起を続けるには、cGMPの分解を邪魔することに着目するのではなく、継続的にcGMPを分泌することに着目します。 そもそもEDになる前は、一酸化窒素が継続的に分泌されていました。どうして一酸化窒素の分泌が減ってしまったかというと、

・血管内に汚れが溜まり、血管内皮から一酸化窒素が出づらくなった
・一酸化窒素を生成するアミノ酸、アルギニンの生成が減った

この2点です。つまりEDの根本的改善は、血管内の汚れを取る、(動脈硬化を緩和する)ことと、食事、サプリメントによってアルギニンを摂取することです。 そして大変運が良い事に、動脈硬化を治すアミノ酸もアルギニンなのです!アルギニンが多く入った精力剤を飲むことでEDが治るのは科学的に証明されているのです。

↓バイアグラ歴10数年、精力剤で完治↓

↑ PAGE TOP