バイアグラ 精力剤 効果

バイアグラと精力剤の効果と即効性。ED治療にはどっちがおすすめ?
インポテンツにはバイアグラ?即効性を求めるならバイアグラが良いですが
EDを根本から治すのであれば精力剤がおすすめです。

バイアグラと精力剤の効果。どちらがおすすめ?

バイアグラと精力剤。どちらが良いかという長年の闘いには既に終止符が打たれており、当日、ここぞという時なんとかしたいという気持ちが大きいのであればバイアグラがおすすめで、長い目で見るのであれば、何歳になっても絶対的に精力剤がおすすめです。

長い目では精力剤が効果的な理由

バイアグラなどのED治療薬は、その日、当日に対して絶対的な安心感を与えてくれるほど効果がありますが、実際のバイアグラの効果は、身体の機能の一部を阻害して、勃起を維持しているので健康的な改善とは言えません。一方精力剤は身体を医薬品の力で無理矢理勃起させるのではなく、精力剤の配合成分が、体内の環境を10代、20代の環境と同じ状態に戻すことによる勃起ですのでペニス以外の体内の健康維持にも役立ちます。もちろんEDの治療は1日、2日で行えるものではないので、重度の方は2~3ヶ月しっかりと挑む必要があります。ですが、一度体調を整えてしまえばEDの再発は十分防げます。何より自分の力で勃つと言う自信が嬉しいです。精力剤とバイアグラのお互いの特徴を知り、お互いと上手に付き合っていくと良いでしょう。

何と言ってもその日限りはバイアグラ

総評 バイアグラをはじめとしたED治療薬は、当日、その日に決めたい!という限定的パワーを発揮するのが得意です。持続時間を意識するならシアリス、とにかく即効性を感じたいならレビトラと3つのED治療薬を上手く使い分けると良いでしょう。残念ながら、ED治療薬は一時的な効果で長期的に服用したとしても、EDの改善は見込めません。

その日限り、ここぞという時のバイアグラは本当に心強いです。 効果までの時間、効果の持続時間、副作用の種類など個人差があるので、ぶつけ本番ではなく、事前に1度、2度バイアグラを練習で飲んだ方が良いでしょう。空腹時に飲み、効果までの時間を知っておく。副作用がどんなものが出るか、場合によっては頭痛薬などが必要かどうかを知っておく。効果の持続、継続時間がどれくらいあるか知っておく。この3つを知ってから本番を迎えるほうが、失敗も減り、セックスを十分に楽しむことができるでしょう。

バイアグラの副作用、危険性について
バイアグラの効果継続時間、持続時間について

長い目で見るなら何歳でも絶対的に精力剤

総評 今回はヴィトックスαを例に出しましたが、精力剤全体的にこのようなグラフになります。即効性、持続性、一時的な効果は、胃腸、肝臓でどれだけ効率的に消化、代謝出来るかがポイントとなっており、個人差が出ます。若い、痩せている人は即効性、持続性、一時的な効果の全てを感じやすく、メタボ気味、肥満の方は高血圧、高脂血症も相まって当日すぐに効果を感じる方が少ないです。精力剤に含まれるアルギニンは高血圧、高脂血症に対しても非常に高い効果を持っているので、1週間、2週間と続けることで徐々に精力剤の効果を感じられるようになってくるでしょう。健康にも良く、おすすめです!

長い目で見るのであれば、何歳になっても絶対的に精力剤がおすすめです。バイアグラ等のED治療薬より、一時的効果は劣りますが、続けることによって、自力でペニスが勃起できます。ED治療薬にないED改善が圧倒的魅力です。

バイアグラは薬、精力剤は栄養補助食品、サプリメントで一見バイアグラの方が良いように思いがちですが、精力剤は、普段の食生活では足りない栄養補給をしてくれます。 バイアグラと違い、精力剤は身体作りをサポートしてくれるので、続けることによりED以外の生活習慣病の予防になります。 精力剤はバイアグラと違い、EDの原因、根本から改善を促してくれるので、自分の力でしっかりとした勃起を出来るような身体に戻してくれます。

↓バイアグラ歴10数年、精力剤で完治↓

そもそもEDの原因は何なのか。

EDの原因は、心因性ED、器質性EDがあります。生活習慣が原因のEDや、加齢による老化が原因の器質性EDが多くの方の原因です。器質性EDはバイアグラでの治療では根本の改善にならないので精力剤を飲むことをおすすめします。

トラウマ、ストレスが主原因な心因性ED

心因性EDは、EDの割合としては1割未満と少なく、身体の機関には問題はないのですが、女性へのトラウマやストレスで勃起できなくなってしまう事です。精神面が大きく作用するEDです。うつ病を引き起こしてしまっている方が併発してしまうのが特徴です。心因性EDかなと思った場合は、病院での診察が必要になります。バイアグラの他に精神安定剤などを処方してもらうケースがほとんどです。

EDのほとんどの原因は器質性ED

器質性EDは、EDのほとんどの原因と言われています。血液の状況が良くない状態の方が起こるEDはこの器質性EDです。器質性EDは血管が、汚れで細くなり欠血流が悪くなって、ペニスへの血液の流れも悪くなってしまう状態です。いわゆる動脈硬化が原因となります。また血中の脂質の量が多くなると、血液はドロドロになり血流が悪化します。血管の汚れによる動脈硬化、血管自体がドロドロになっている高脂血症が原因のEDです。

動脈硬化とは

動脈硬化とは、動脈の血管の壁にコレステロールや中性脂肪が溜まって血管が詰まったり、硬くなってしまう症状です。 血液を送る血管の詰まりにより、血液がスムーズに流れなくります。動脈は弾力性を持っているのですが、汚れがつまり硬くなり弾力性を失う事で更に劣化していきます。血液がスムーズに流れなくなると、体内の酸素や栄養が隅々まで送れなくなり、高血圧になります。高血圧になることでより血管に負担がかかります。

動脈硬化が起こると

動脈硬化が起こると、狭心症、心筋梗塞、脳卒中、脳梗塞、脳出血などを起こします。 動脈硬化は重大な症状が起きるまでほとんど自覚症状がありません。ちょっと疲れやすい、最近太り気味、不摂生が続いている。というのが動脈硬化の初期の原因になります。食後の眠気も動脈硬化のサインと言われていますが、とにかく社会を生き抜く忙しい男性陣はこの動脈硬化と背中合わせだと思っておいて損はありません。体内に時限爆弾を抱えた状態になり、症状が発生した際、最悪死に至ります。

動脈硬化の原因は?

動脈硬化は、食事、運動、睡眠が非常に多く影響されます。特に食事は、若い頃は体内で代謝出来ていたアミノ酸の量が減ってしまい、若い頃と同じ食生活を続けているだけで動脈硬化の原因になってしまうほどです。 一度食生活を見直すことでEDをはじめ、心臓病や、脳への障害も予防できるので一石二鳥どころか何鳥にもなります。 バイアグラは有効成分シルデナフィルの効果で一維持的に血管を拡張するだけなので動脈硬化の根本的な解決になりませんが、精力剤は、動脈硬化を防いだり修復する体内成分、一酸化窒素を生成するために必要なアルギニン、シトルリンを多く含んでおり、動脈硬化に直接作用するスーパーアミノ酸なのです。アルギニンと一緒にシトルリンやビタミンC、ビタミンEを摂取すると動脈硬化への効果は更に良いものになり、この一酸化窒素に対するアルギニンの作用は1998年にノーベル賞を受賞しており、EDだけではなく、糖尿病、高血圧、心不全、肝障害などの予防改善効果があります。つまりアルギニンを適量接種することにより若々しい身体を取り戻せるということです!

器質性EDには精力剤が絶対的におすすめ

管理人は器質性EDでした。10数年バイアグラを利用し続けたのですが、バイアグラを使用している時は確かに勃起するのですが、次第に気持ちよくなくなったり、体力?気力?が原因でセックスをしたいという性欲も減ってしまいました。なぜならバイアグラで勃起を促すことは出来ていたいのですが、本来の、健康な状態でのセックス、性欲というものが全く無くなってしまったのです。糖尿病予備軍、痛風予備軍と言われる健康診断の数字もバイアグラで改善するわけもなく、加齢と老化によって確実に身体の調子は悪くなる一方でした。 そんな中で出会った精力剤は、身体の悩みをすべて解決してくれるきっかけとなりました! 精力剤は、その日だけ即効性があるというものではなく、身体、体調管理を促してくれる健康補助食品で、漢方薬や昔の王族から愛されているマムシやすっぽん、朝鮮人参、マカなどバランスよく配合されており、中でもアルギニンが豊富に含まれていることにより面倒な運動をすることなく身体を若々しくい頃に戻してくれました。

↓バイアグラ歴10数年、精力剤で完治↓

↑ PAGE TOP